どうなるの?信用取引の配当金

信用取引には配当金に相当する調整金がある

現物株を保有している場合で、配当金を受けられる権利日をまたいで持ち越すと、当然配当金が受け取れますよね。しかし、信用取引における信用買いのポジションを持っている場合はどうでしょうか? 答えは配当金に相当する配当調整金を受け取れるということになります。信用取引の場合は、実際に株式を保有しているのではなく、証券会社から借りてきて買いのポジションを持っているに過ぎないので、配当金の受け取りの権利や株主優待の権利を得ることはできません。しかし、信用売りをしている方から信用買いをしている方に対して配当調整金が受け渡されるというルールになっていますので、信用買いのポジションを持っていると、配当金に相当するお金を得ることが可能なんです。

信用売りの場合は反対に調整金を取られる

信用買いのポジションを配当権利日に持っていると、配当調整金を受け取れることになりますが、信用売りのポジションを持っている場合は、株価の変動に関わらず配当金相当額の調整金を支払わなければなりませんので注意が必要です。 一般的に株の配当金が出るタイミングでは株価は配当金の相当額の分だけ値下がりすることになり、信用買いのポジションを持っている方は配当金が得られないので、下落した分だけ損失が発生しますが、信用売りのポジションを持っている方は下落した分だけ利益を得られます。それでは不公平なので、双方の配当による株価の下落分の損益を相殺するように、信用売りのポジションの方から信用買いのポジションの方に調整金のやりとりが発生するのです。配当が出ることによって株価が下がるというセオリーを利用して信用売りの取引を行っても、結局調整金を支払う必要がありますので、あまり意味のない戦略であることを理解しましょう。