知らないとソン!信用取引の裏技

信用取引で勝つ確率を大幅に上げる方法

株では「現物取引」というものと「信用取引」があります。現物取引は、持っている金額だけで取引をするもので、信用取引は認められた金額までは取引していいと言うものです(所持金の三倍が規定)。また、信用取引には株を借りることができるのです。つまり何もない状態から「買い」「売り」両方を選べます。この売りの事を空売りと言って、空売りを使うことでリスクを減らす方法があるんです。それはいたって簡単で、買いのポイント(ゴールデンクロス)などで、買いと売りを両方かけるんです。こうすることによって、仮に下がった場合でも損を減らせます。また、上に伸びてきたら空売りを買い戻し、ロスカット部分を設定するんです。 このように、手数料だけでノーリスクを貫けます。これはある程度知識が無ければ意味がありませんが、ある人は必ず利益が取れるんです。ぜひとも試してみてください。

優待を低価格で手に入れられる

株は三つの利益があります。一つが株価の差による利益、もう一つが配当金による利益、そして最後に「株主優待」という利益です。この株主優待をものすごい安く手に入れる方法があるんです。まず株主優待の説明ですが、こちらはある一定の株数を持っている人限定に、特手の期日の3日ほど前から所有していると、自社の製品や割引券をもらえるという制度です。つまり、特定の日に所有さえしていれば株主優待はもらえます。それを逆手に取り、数日間だけ損失をなくす方法を使います。それが信用取引です。信用取引には買いと売りの2種類がございます。つまり、その2つを同時に行えば、株が上がっても損失はなし。下がっても損失はなし、という形を作れます。 ただし、手数料、また倒産などした場合のリスクは伴いますので注意してください。以上のことをしてもらえれば、株主優待を無料同然にゲットできるのです。