株を始める前の、信用取引ガイド

株式取引は一度は多くの方が自分の資産運用の方法として考えたのではないでしょうか。最近では、アベノミクスによる経済政策の影響で、株や為替に着目した取引が大変活発になっています。是非、自分の投資をより有効にするた

制度信用取引の仕組みって?

信用取引には、一般信用取引と制度信用取引の2パターンがあります。 今日現在、取引残高においては、制度信用取引は一般信用取引の4倍の大きさです。つまり、制度信用取引を選択するケースが圧倒的に多いということです。

どうなるの?信用取引の配当金

現物株を保有している場合で、配当金を受けられる権利日をまたいで持ち越すと、当然配当金が受け取れますよね。しかし、信用取引における信用買いのポジションを持っている場合はどうでしょうか? 答えは配当金に相当す

信用取引なら1日何回でも売買できる!

株の取引を行う場合、現物取引と信用取引の二つがあります。現物取引に関しては、口座に預けた資金の範囲で株の購入を行う取引ですが、信用取引の場合は、口座に預けた資金の3倍までの範囲で株を購入することができます。また、株を売り

知らないとソン!信用取引の裏技

株では「現物取引」というものと「信用取引」があります。現物取引は、持っている金額だけで取引をするもので、信用取引は認められた金額までは取引していいと言うものです(所持金の三倍が規定)。また、信用取引には株を借り

信用取引なら株価が下がっても儲かるかも

信用取引とは、現金や株券を担保として預けて、その約3倍までの株式の取引ができるような仕組みです。買うだけでなく、株券をもっていなくても売ることもできますが、その分リスクも大きくなります。